内窓プラスト&室内防音ドアの導入事例 滋賀県 栗東市 A様邸

内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て 洋室(スタジオ)

【取り付け商品・工事価格】

大信工業内窓プラスト&防音合せガラス12.8mm×3窓
室内防音ドア

腰窓

施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1806㎜×H1100㎜ ¥161,200

掃出し窓

施工前
施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1805㎜×H2003㎜ ¥229.900

掃出し窓

施工前
施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1807㎜×H2003㎜ ¥229.900

※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

室内防音ドア

施工前の室内ドア
施工前の室内ドア
↓
室内防音ドア施工後
室内防音ドア施工後

W731mm×H2008mm ¥185,500

※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

【工事依頼の動機&お客様のご要望】

12畳の洋室で、ドラム、ピアノ、トランペット、ギター等のジャズバンドの演奏を、メンバーのみなさんで集まって練習する際に、

隣室のリビングに音が漏れ、テレビの音などが聴こえなくなり、生活に支障がでていたそうです。

また、「ご近所への音漏れも心配」とのことでした。

そこで、

「部屋の内外に漏れる音をできるだけ遮音するための防音対策をしたい!」

「かなりの音量になると思うので、防音性能の高い商品を採用したい!」

とのご要望をいただきました。

【弊社からの提案意図】

今回の案件では、

  • トランペット・サックスの管楽器
  • アンプを通したギターの音
  • 中低音が響くドラム
  • 音域の高いピアノ

これらの楽器演奏音の防音対策が必要でした。

まず、ご近所への音漏れ対策としては、内窓と防音合わせガラスの組み合わせの防音対策となります。

隙間を抑えるために気密性の高い内窓を採用し、既存サッシとの隙間(空気層)を大きく取ることで内窓の防音効果が高められます。

中低音を抑えるには、重量のある、厚みの分厚いガラスが効果的です。

そこで、今回は、気密性の高い内窓プラストと、中低音にも高音域にも、遮音効果の高い、12.8㎜の防音合わせガラスの最強の組み合わせで提案いたしました。

この12.8㎜の防音合わせガラスを装着できるのは、大信工業のプラストのみです。

次に、リビングへの音漏れの対策ですが、既存ドアを室内防音ドアに取り替える防音対策となります。

普通のドアでは隙間があり、わずかな隙間からでも音は伝わってきますので、

一般の室内ドアと室内防音ドアの比較
一般の室内ドアと室内防音ドアの比較

以下の機能を有する室内防音ドアを提案いたしました。

  1. ドアを閉めた際に隙間ができない
  2. ドア自体の防音効果が高い

室内防音ドアの防音効果の秘密はこちら

【お客様の感想】

内窓プラスト、室内防音ドアを取り付けた後、

「思った以上に音が漏れていない!」

「無音で無いが、通常の生活には全く支障が無くなったのは凄い!」

更に、「工事前には聴き取りにくかった小さな音も、工事後はハッキリ聴こえて練習がしやすくなった!」

メンバーさん同士で、ピアノ、ドラム、トランペット、ギター等のさまざまな音域の楽器で、効果を試されていました。

【お客様アンケート】

【お問い合わせから工事・入金まで】

1/26 お問い合わせ
2/3 現地調査
2/6 見積書提出
2/13 契約書送付
2/22 商品発注
4/6 工事
4/16 ご入金

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

内窓プラスト&室内防音ドアの導入事例 堺市 F様邸

内窓プラスト引き違い&FIX窓+防音合わせガラス 6mm+内窓取付柱設置:W3890×H1830 ¥387,000-
【お宅の構造・設置箇所】

マンション リビング 寝室 和室

【取り付け商品】

大信工業 内窓プラスト+日本板硝子 防音合わせガラスソノグラス、LIXILE プライベートドア

【お客様の声】

このマンションは駅の近くなので、便利だけど電車の音はすることをある程度わかって入居しました。昼間働いて家にいないことが多いですし「こんなもんだろうと」思っていました。

しかし、あるとき病気をして、昼間寝室で寝ていると「踏切の音がカンカンする。うるさい!」と思ったんです。JRと私鉄の二つの路線の近くなので踏切の音もダブルで聞こえるんです。あと、寝室が廊下に面しているので、人が通る音や話し声も気になっていました。

1年ほど前にマンションの出入り業者さんに「音が気になるんですよ」と相談をして「同じマンションでも二重窓つけられている方もいらっしゃいますよ」と内窓インプラスを寝室に取り付けてもらいました。確かに外窓だけのときよりはだいぶ静かになっていたのでそのまま暮らしていました。

しかし、主人が「やっぱりうるさい。もっとできる対策があるんじゃないか?」「業者さん呼んで相談しよう!」とのことで、その業者さんにまた相談すると、「前に防音工事していますので、これ以上やりようがないですね。」「カーテンをしたらどうですかね?」と言われました。

私は「カーテンは違うんじゃないかな?」と素人ながら思ったり、「できることはそんなものなのかな。これ以上は無理なんじゃないのかな。」と思っていましたが、主人が「何か違う、そんなはずないやろう、何かもっと良い方法があるはずや」と考えインターネットで防音のことを色々と調べていました。

調べていくと、防音の二重窓の中でも6段階ぐらいグレードがあって、その中で一番良いのがプラストだということを知りました。

そうしてサン・ウインドさんのサイトにたどり着いて、相談に来てもらったところ、主人が思っていた通り「やっぱり違いがあるんや、できる方法があるんや!」ということで納得したようでした。

はじめ、インプラスが入っている窓の採寸をしていただいたときに、「窓の建て付けがズレてきています。」「隙間からも音は漏れてくるので、建て付けを調整しましょう。」と言われ、内窓をつければ良いんじゃなくて、元の窓の取り付けや調整も重要なんだと、高橋さん(弊社代表)の仕事への姿勢にも納得して、その後は「じゃあ、高橋さんに任せよう」と安心できました。

あと、実験装置で内窓プラストと内窓インプラス、ガラスの種類による効果の違いを見せていただきました。

『ペアガラスは空気層があるので断熱対策に効果がある、必然的に防音対策にも効果がある』と勝手に思っていましたが、高橋さんに「ペアガラスの空気層は音の振動を伝えるので、太鼓の原理で音によってはかえって増幅する場合があります。」「防音対策には音の振動を伝えにくくする分厚い防音ガラスというものがあります。」と説明され、「あぁ、断熱対策と防音対策は違うんだ」ということがわかりました。

私はデータなど理論的に納得すると腑に落ちるタイプなので、そこにもきちんと答えていただきました。

あと、窓の防音に加えて、玄関からの音漏れ対策として、寝室に防音ドアをつけたいと考えていました。それも、マンションの出入り業者さんに相談したのですが、「厚い防音ドアを設置するために壁も工事する必要があります。」と言われ、見積もりもすごい金額になっていましたのであきらめていたんですね。

そのことを高橋さんに相談すると、「壁も工事せずにそのまま簡単に取り付けができる丁度良いドアがあります。」と提案いただいて、「これで安眠できるなら、快適に健康的に暮らせるのなら。」と思って取り付けることになりました。

すると、思いの外静かになって、ドアの開閉も軽くて「相談してよかったね。」って話してました。防音対策には窓だけじゃなくていろんな方法があるんだなと思いました。

プロから防音対策に関してどれだけの情報を教えてもらえるか?と、こちらからもどれだけ情報を知ろうと、快適になるためにあきらめずに努力することで、音の悩みは解決できるのかなと思います。

また、防音対策をすることで断熱効果もあるのか、エアコンをつける機会も減ってエコになってると思います。『断熱することと高血圧の人の健康は関係してる』ってこの間もテレビでやっていたので、健康的にもすごく良いと思います。

主人が音に悩んでいたときは、防音のことばかりインターネットで調べてましたが、サン・ウインドさんに工事をしてもらうことが決まってから、気がついたらそういうことをしなくなっていました。

自分が「そうだろうな」と想定して思っていたことを全部対策できて、達成感や充実感もあるんだと思います。

前は、お互いイライラしてケンカになることも多かったけど、防音対策ということを考えることによって、二人の関係性も良くなっていったと思います。環境にお金を払うことは心の健康や、家族の関係性にも影響するんですね。

「音の悩みは内窓とか防音工事でこんな風にもできるんだよ」っていう方法を知らない人がたくさんいると思います。どこかで「二重窓は高い」と決めつけている人も多いと思います。

あと、防音対策には二重窓とペアガラス!断熱効果と防音効果は一緒!みたいに捉えていましたけど、是非『断熱と防音は違う』ということを書いていただけると良いなと思います。

サン・ウインドさんの仕事は、人の悩みを解決して、エコにもなって、お金ももらえて、とってもいい仕事だと思います。もっともっと宣伝して、音に悩んでいる人に気づいてもらえたら良いんじゃないかと思います。

内窓プラスト引き違い&FIX窓+防音合わせガラス 6mm+内窓取付柱設置:W3890×H1830 ¥387,000-
リビング:内窓プラスト施工後

内窓プラスト(内側の白い窓)+防音合わせガラス 12mm+三重窓用下枠補強台設置 W1205 × H1051 ¥179,000-
寝室:内窓プラスト施工後

他社の工事で設置されていた内窓インプラスを一旦外し、内窓プラストを外窓の内側に設置し、そのまた内側に内窓インプラスを設置しました。(せっかくインプラスを付けられていたのでそれも流用することになりました。)

外窓+内窓プラスト+内窓インプラスという三重窓になったわけです。

その窓で、内窓プラストと内窓インプラスの防音効果の比較映像を撮影させていただきました。窓の外に音楽を鳴らしたiPhoneを置き、外窓だけを閉めた状態、内窓インプラスを閉めた状態、内窓プラストを閉めた状態の比較を撮影しました。

内窓プラスト+防音合わせガラス12mm W1552×H1040 ¥119,000- 内窓プラスト(FIX窓)+防音合わせガラス12mmW1504×H355 ¥75,000-
寝室:内窓プラスト施工後

内窓プラスト+防音合わせガラス6mm W1606×H1832 ¥135,000-
寝室:内窓プラスト施工後

プライベートドア W820×H2000 ¥204,000-
寝室:プライベートドア施工後

以下はプライベートドアを設置した部屋と、一般のドアの部屋での防音効果の比較映像です。

※ 表記の価格は、商品・施工・運搬費込み、税込の価格の目安です。 (施工・運搬費はエリアやお家の状況などによって異なってきます。)