京都府宇治市 真空ガラススペーシア&ペアガラス入替のサン・ウインド 株式会社

玄関、部屋からの音漏れを防ぐ!
低予算で手軽な室内防音ドア

隣室のテレビの大きな音が70dB 日常会話程度の小さな音に40dB 遮音効果は30dB

玄関、部屋からの音漏れを低予算で手軽に実現する室内防音ドア

室内防音ドアのオススメポイント

このページの目次(ページ内リンク)

  1. 最近、室内防音のご相談が増えてまいりました。
  2. 室内の防音対策のポイント
  3. 従来の防音ドア工事では、費用も工事規模も大掛かりでした。
  4. 室内防音を低コストで簡単に実現、それが室内防音ドア
  5. 室内防音ドアの導入事例&お客様の声

室内防音ドアのお問い合わせ

お電話のお問い合わせは
受付時間 9:00〜17:00(月〜金)
フリーコール 0800-080-1400

FAXでのお問い合わせは
受付時間 365日 24時間いつでもOK

0774-51-5195

「サン・ウインドのホームページを見た」と言っていただけるとスムーズです。

室内防音ドアのお問い合わせフォームはこちら

室内防音のご相談が増えてまいりました。

室内でのこのような騒音にお悩みの方が増えているようです。

室内の騒音のお悩み 家族のいびきがうるさくて寝られない 誰にも迷惑かけずにテレビを楽しみたい 玄関からの音が漏れてきて眠れない トイレの音が聞こえたら恥ずかしい 子供を勉強に集中させてあげたい

など、室内での騒音のお困りごとは案外、誰にも相談できずにお悩みになられていらっしゃるようです。

このページのトップに戻る

室内の防音対策のポイント

騒音の多くはドア(開口部)から漏れています

騒音の多くはドア(開口部)から漏れています

最近の住宅の壁や天井、床は、窓やドアなど開口部分に比べ、比較的気密性高く造られています。

なので、窓とドアなどの開口部の防音対策をすることで、予想以上に音漏れが改善されます。

※築年数や建物の構造によって変わってきます。

防音対策のポイントはドア開口部のスキマを埋めること

防音対策のポイントはドア開口部のスキマを埋めること

窓やドアなど開口部には必ず隙間が生じます。

騒音はドアを直接スルーしてくる透過音もありますが、開口部の隙間から漏れてくるスキマ音の影響が大きいです。

なので開口部のスキマを埋めることで、予想以上に音漏れが改善されます。

当ショップで提供する室内防音ドアにはスキマを埋める構造の秘密があります。

>> スキマを埋める構造の秘密とは?

このページのトップに戻る

従来の防音ドア工事では、費用も工事規模も大掛かりでした。

そんな室内の騒音の悩みを解決したいと、防音ドアの相談をされたとき、工事の費用が高額すぎたり、ドア枠を広げたり、壁も工事する必要があったり、工事規模も大掛かりになるということで、「泣く泣くあきらめられていた」という方が多くいらっしゃるようです。

従来の防音ドア工事とプライベートドアの比較 費用:25万円〜30万円(ドア工事のみの場合)→わずか185,000円(施工費込・税別) 工事時間:壁床含む工事の場合、1週間以上掛かることも→1日で工事完了(当サイトだから可能!!) 工事の規模:ドア枠を広げたり壁工事が必要な場合も→既存ドア枠の上から設置。壁工事一切必要なし!(当サイトだから可能!!)

このページのトップに戻る

室内防音を低コストで簡単に実現、それが室内防音ドア

そんな「室内の防音対策のために防音ドアを設置したい」という方に最適な防音ドアがございます。

それが室内防音ドアです。

室内防音ドア設置でかなり静かになります。

 →室内防音ドアの実際の防音効果は導入事例の動画をご覧ください。

室内防音ドア設置でかなり静かになります。

隣室のテレビの大きな音が70dB 日常会話程度の小さな音に40dB 遮音効果は30dB

室内防音ドアの遮音性能グラフ
騒音の多くはドア(開口部)から漏れています

※本製品は、発生した空気音を30dB減音させる効果(試験性能値)を有していますが、床や壁を伝わってくる音(固体音)の減音効果はありません。
※壁材等がドアの遮音性能を下回ったりすると、ドアの本来の性能を発揮できない場合があります。

抜群の防音効果の秘密1・・・ドアを閉めたときに隙間ができない

通常の室内ドアはドアの下に隙間が空いております。室内防音ドアを開けた時はドアがUPし、閉めた時にはDownする構造と、下部にはパッキンがついておりますので、ドアの下の隙間をふさぎ、より高い防音効果を実現しました。

一般の室内ドアな、ドア下部にスキマが空いている 室内防音ドアは、ドア下部に隙間なし

一般の室内ドアは、戸当たりパッキンが戸先の1方向のみですが、室内防音ドアは戸当たりパッキンが両縦枠と上枠の3方向に、ドアの下は下部パッキンがついており、ドアを閉めたときの衝撃を吸収する働きと、ドア本体と枠の気密性を高め、音を軽減させる効果があります。

室内防音ドアの戸当たりパッキンは3方向 ドアの下は下部パッキン

抜群の防音効果の秘密2・・・ドア自体の防音効果が歴然!

古いタイプ、一般的な面落ちタイプ、室内防音ドアの断面を見るとその構造の違いは歴然です。

古いタイプのドアはご覧の通り非常に薄い板と空洞でという構造に、一般的な面落ちタイプのドアも1枚の板という音が伝わりやすい構造になっております。

一方、室内防音ドアは、厚い板で中も空洞ではないので、音が伝わりにくい構造になっております。

室内防音ドアは、下部パッキンで、ドアの下の隙間をふさぎ、より高い防音効果を実現しました。

工事はわずか1日で完了!(当サイトオリジナル工法)

一般の防音ドア工事では、壁床含む工事の場合、1週間以上掛かることもあります。

当サイトの室内防音ドア設置工事は、後述のカバー工法なのでドア枠の工事や、壁の工事も必要ありませんので、工事は1日で完了いたします。

既存の壁やドア枠はそのまま(当サイトオリジナル工法)

当サイトの室内防音ドア設置工事は、カバー工法を採用しております。カバー工法とは、既存の枠の上に新しいドア枠ごと取り付ける工法です。

既存のドア枠にかぶせるように新しいドア枠を設置するので、ドア枠は若干太くなり、ドアの間口は若干狭くなります。

室内防音ドアのカバー工法

室内防音ドアのカバー工法

このカバー工法によって工事が1日で終わるだけでなく、壁や床などを傷める心配もございません。

引戸やふすまからも室内防音ドアに交換できます。

引戸(ふすま)を室内防音ドアに

開口高さ寸法2,070mm以上でも設置できます

ドア高さの製作寸法上限を超える場合は、ランマで対応することもできます。

既存ドアを室内防音ドア&ランマ(防音合わせガラス)に

既存ドアを室内防音ドア&ランマ(板)に

このページのトップに戻る

室内防音ドアの導入事例&お客様の声

室内防音ドアリフォームの導入事例 滋賀県栗東市 A様邸
室内防音ドア(二重)の防音効果

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て 洋室(スタジオ)

【取り付け商品・工事価格】

室内防音ドア
<オプション、別途費用>
・取付枠
・ランマ部ガラス(防音合わせガラス ソノグラス)

施工前
施工前
↓
室内防音ドア 施工後(クローズ)
室内防音ドア 施工後(クローズ)
室内防音ドア 施工後(オープン)
室内防音ドア 施工後(オープン)

室内防音ドア寸法:W782㎜×H2020㎜
ランマ部ガラス寸法:W772㎜×H430㎜
¥185,500

※ランマ部ガラスはオプション、別途費用です。
※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

【工事依頼の動機&お客様のご要望】

洋室に内窓プラスト&室内防音ドアを設置し、防音室としてご利用のお客様の再度のご依頼です。

前回の内窓プラスト&室内防音ドアの事例はこちら

「室内防音ドア一枚でも充分な効果は出ているので、防音ドアを二重にしてみたらより効果が出るのでは?試してみたい!!」とおっしゃっていただきました。

【弊社からの提案意図】

「音は振動によって伝わります。

そのため、隙間の少ない気密性の高い室内防音ドアを二重化することで、ドアとドアの間に空気の層ができ、

そのスペースが音のクッションとなりより高い防音性能が望めると思います。」

と、お話させていただきました。

【お客様の感想】

室内防音ドアを二重化して、メンバーさん同士で室内防音ドア一枚のときと、二重のときの効果の違いを試されていらっしゃいました。

メンバーのみなさま、「凄い!二重化したら予想よりも効果が出た!これは、やって良かったー!!ほんまにやって良かった!!」と非常に感動されておりました。

【お問い合わせから工事・入金まで】

5/11 お問い合わせ 現調
5/22 見積書提出
5/30 契約書発送
6/29 工事・ご入金

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

内窓プラスト&室内防音ドアの導入事例 滋賀県 栗東市 A様邸
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て 洋室(スタジオ)

【取り付け商品・工事価格】

大信工業内窓プラスト&防音合せガラス12.8mm×3窓
室内防音ドア

腰窓

施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1806㎜×H1100㎜ ¥161,200

掃出し窓

施工前
施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1805㎜×H2003㎜ ¥229.900

掃出し窓

施工前
施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1807㎜×H2003㎜ ¥229.900

※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

室内防音ドア

施工前の室内ドア
施工前の室内ドア
↓
室内防音ドア施工後
室内防音ドア施工後

W731mm×H2008mm ¥185,500

※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

【工事依頼の動機&お客様のご要望】

12畳の洋室で、ドラム、ピアノ、トランペット、ギター等のジャズバンドの演奏を、メンバーのみなさんで集まって練習する際に、

隣室のリビングに音が漏れ、テレビの音などが聴こえなくなり、生活に支障がでていたそうです。

また、「ご近所への音漏れも心配」とのことでした。

そこで、

「部屋の内外に漏れる音をできるだけ遮音するための防音対策をしたい!」

「かなりの音量になると思うので、防音性能の高い商品を採用したい!」

とのご要望をいただきました。

【弊社からの提案意図】

今回の案件では、

これらの楽器演奏音の防音対策が必要でした。

まず、ご近所への音漏れ対策としては、内窓と防音合わせガラスの組み合わせの防音対策となります。

隙間を抑えるために気密性の高い内窓を採用し、既存サッシとの隙間(空気層)を大きく取ることで内窓の防音効果が高められます。

中低音を抑えるには、重量のある、厚みの分厚いガラスが効果的です。

そこで、今回は、気密性の高い内窓プラストと、中低音にも高音域にも、遮音効果の高い、12.8㎜の防音合わせガラスの最強の組み合わせで提案いたしました。

この12.8㎜の防音合わせガラスを装着できるのは、大信工業のプラストのみです。

次に、リビングへの音漏れの対策ですが、既存ドアを室内防音ドアに取り替える防音対策となります。

普通のドアでは隙間があり、わずかな隙間からでも音は伝わってきますので、

一般の室内ドアと室内防音ドアの比較
一般の室内ドアと室内防音ドアの比較

以下の機能を有する室内防音ドアを提案いたしました。

  1. ドアを閉めた際に隙間ができない
  2. ドア自体の防音効果が高い

室内防音ドアの防音効果の秘密はこちら

【お客様の感想】

内窓プラスト、室内防音ドアを取り付けた後、

「思った以上に音が漏れていない!」

「無音で無いが、通常の生活には全く支障が無くなったのは凄い!」

更に、「工事前には聴き取りにくかった小さな音も、工事後はハッキリ聴こえて練習がしやすくなった!」

メンバーさん同士で、ピアノ、ドラム、トランペット、ギター等のさまざまな音域の楽器で、効果を試されていました。

【お客様アンケート】

【お問い合わせから工事・入金まで】

1/26 お問い合わせ
2/3 現地調査
2/6 見積書提出
2/13 契約書送付
2/22 商品発注
4/6 工事
4/16 ご入金

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

室内防音ドアリフォームの導入事例 京都市中京区 S様邸

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て 居室とリビング間の室内ドア

【取り付け商品・工事価格】

室内防音ドア
W747mm × H2007mm
合計¥198,000

※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

施工前の室内防音ドア
施工前の室内防音ドア
↓
室内防音ドアリフォーム 施工後
室内防音ドアリフォーム 施工後

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

【工事依頼の動機&お客様のご要望】

ご自宅のほとんどの窓に断熱対策と防音対策のための内窓を設置されていました。

今回はご自宅内の音漏れ対策のご相談でした。

居室内で奏でるフラメンコのギターやテレビの音がリビングに漏れ、奥様の部屋まで聞こえるとのことでした。

【弊社からの提案意図】

居室とリビングの間には収納スペースがあり、部屋間の音の緩衝壁となっており、ドアが音漏れの原因でした。なのでドアの遮音性を高める(遮音性の高いドアに交換する)防音対策が重要で効果的です。

【お客様の感想】

「想定通りの遮音効果を実感できました。
 居室内での音に対して、今までのように気を使わなくて済みそうです。
 思い切って防音ドアを取り付けて良かったと思います。」
とおっしゃっていただきました。

【お問い合わせから工事・入金まで】

3/29 お問い合わせ
4/1 現場調査
4/4 見積り提出
4/7 サンプル、契約書発送
4/13 商品発注
4/24 施工
4/30 ご入金

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

お家のトータルリフォーム導入事例 京都市右京区 O様邸

以下、リフォームのご感想を、お客様に直にお答えいただきました。
O様、快くお答えいただきましてありがとうございました。

ある程度防音効果のあるグランドピアノの似合う洋室を作りたい

娘のアップライトピアノをグランドピアノに買い換えるということが今回のリフォームの始まりでした。

もともと和室だった部屋を「ご近所迷惑にならないようにある程度防音効果があり、グランドピアノの似合う洋室にしたい」と考えていました。

そこで「和室から洋室にリフォームする+防音対策で大体金額がどれぐらい掛かるのか?」というところから「金額」「効果」「どういったモノがあるのか?」をインターネットで色々調べたところ、防音対策はピンキリということが判明。

「300万円以上掛けて部屋全体を完璧に防音する大掛かりなもの」と「メーカー製の2、3畳のユニット防音室を部屋の中に設置する」という二通りの方法がありました。

ユニット防音室を入れるという選択肢は除外して、部屋全体を防音する方向で考えていました。「さすがに300万円も掛けられないし、もうちょっと費用を抑えて、でも近隣に迷惑がかからない程度にしたい」と思っていました。だけど意外とそのあたりの防音の情報はありませんでした。

自分の理想のイメージをインターネットで情報収集

インターネットで「ピアノ室」や「和室から洋室へリフォーム」で検索して、色々な施工事例などをたくさん見て、イメージを膨らませていきました。

主人にも「よう、やるなー」と呆れられるほど毎日夜な夜な調べていました。

そうしているうちに自分の中で結構イメージができてきたので、リフォーム時には素材なども全部自分で選びました。

リフォーム前は完成の写真があるわけではないし「思ったように仕上がるかな?」「実際完成したら自分がイメージしていたものと違う仕上がりになったらどうしよう?」みたいな不安とかドキドキもあります。

私は欲張りなので、見た目も効果も両方納得いくようにしたかったんです。それでとことん情報を集めました。

見た目の部分に関しては調べるとわかるのですが、防音に関しては「どの程度すれば、どのくらいの効果があるのか?」とか、見えない部分の不安はありました。

「自分が出せる金額で一体どのくらいのことができるのか?」という情報が欲しいと思いました。

自分の想いを叶えてくれるリフォーム業者さんって中々いない?

リフォーム業者さん選びに関しては、見積もりの依頼と、それプラス「自分の想いをどれだけ叶えてくれるのか?」ということを念頭に置いて探しました。

最初に相談したところは、今まで家の色々なところをちょこちょこリフォームしていたので、そこでお世話になった大手のリフォーム会社でした。

以前この部屋の扉は木製の引き戸でしたが、戸を閉めると玄関と廊下が真っ暗になっていましたので、「閉めても明るくしたい、防音効果と採光の両方が欲しい」と考えていました。

それを相談すると「そういうことは今まで聞いたことがないので持ち帰らせてもらって良いですか?」と言われました。そして1週間後に見積もりを持って来られると、その話はなぜか消えていて、普通の引き戸の見積もりになっていました。

「前お聞きした話はどうなりました?」ってお聞きすると「えっ?あ~、それはできないですね。」と答えられました。

「本当にちゃんと調べてくれたのか?」そのあたりも良くわからないままの返事でしたので、金額どうこうじゃなくて「ちょっとお願いしたくないな」と思いました。

次にインターネットで近くの個人の工務店を探して相談すると、開口一番「そういうことはできません。」との返事が。

リフォーム業者さんって面倒臭いことをやりたがらないところがあるのか「これもやりたい」「あれもやりたい」って伝えても私の話について来てくれなくて、一人で空回りしてさみしい思いをすることが多かったです。

それに、営業さんと現場担当の方が別の方なので、営業さんに質問してもわからない、すぐに返事が返ってこないというところもストレスでした。

インターネットで調べてわかるような答えを返されても、もう知ってるからいらないんですよね。そうじゃなくて一歩踏み込んで、「そういったケースで本当に工事できるのか?」とか、調べてもわからないことが聞きたいんですよね。

あきらめないで調べていると自分の想いを叶えてくれるリフォーム業者さんに出会えた

「できない」と言われてもあきらめることができなくて、「そういうことって果たしてできるのだろうか?」と思ってインターネットで色々な施工事例を調べたら、『内窓を部屋の間仕切りにしている』お宅がいくつかあったんですね。

どこの家も「防音効果があって、開放感を出したい」という要望でしたので、
「実際にやっている家があるのに、うちは本当にできないのかな?」と思ってさらに調べると、

「防音効果が一番高いのは内窓プラスト」という情報を知り、「プラストをやってくれる会社はどこだろう?」と探していくとサン・ウインドさんのホームページにたどり着きました。

早速問い合わせをして、「こう考えているんですけど、できますか?」と相談したら、「できますよ。弊社でも何度も事例があります。」との返事。

何聞いても知識も豊富で、ちゃんとしたお答えをその場でもらえましたし、今までされてきた施工事例とか、色々な資料も見せていただきましたので、とっても安心できました。

後でわかったことですが、『私のお願いしたことはかなり大変で面倒くさいこと』なんだと。それでも即答で「できますよ」と言ってくださいました。

一緒にやろうとしてくれる前向きなところも良かったです。

そんな中、「実はここだけでなく部屋全体のリフォーム考えているんです」という話をすると「弊社ではリフォームもやっているので見積もりをさせてください」と言われて「あ~窓屋さんでもリフォームできるんだ」と思いました。

リフォームの仕上がり、結果には大満足

実際この部屋を主人が見たときは「うぉー、良いやん!」でした。今ではこの部屋で過ごすことがとっても多くなりました。外の音が遮断されるので、音に邪魔されなくて集中できる、落ち着けるみたいですね。だからすごく喜んですっかり気に入ってるようです。

内窓プラストの引き戸のすぐ近くで聞いてみると最初は「そんな防音効果ある?」ってちょっと思ったんですけど、離れると実感があるんですよね。

ご近所に聞いてみても「いや、全然」と、グランドピアノに買い換えたことにも気づかれていないくらいでしたので、音では迷惑はかけていないんだなと。

リフォーム前は、近所のラーメン屋さんのお客さんの話し声が結構うるさかったんです。主人がこの部屋にいて、私は2階にいたときに「外の話うるさかったよね?」と言うと「えっ?なんのこと?全然聞こえなかった」と言ってました。

お天気良いときは照明がいらないくらい廊下も玄関も明るくなりました。

リフォームの仕上がりにも大満足です。自分で色々な素材を悩みながら選んだんですが「果たしてこの選択で良かったのか?」完成して見るまでの不安はあったのですが、完成して見ると「良かった」と思いました。

娘も完成した部屋を最初に見たときは「うわー!」って驚いてました。お友達が来てもみんな「別の家に来たみたい!」って驚いてました。

スポットライトをつけるという価値観もあっていて良かったです。施工事例を色々と見たらピアノ室にスポットライトをつけているお家が多かったので「良いな」と憧れていると、サン・ウインドさんから「こういうライト良いと思いますよ。」と提案してくださったんですね。「あっ、スポットライトできるのか」と思って「じゃあ、是非」とお願いしました。

自分の理想のイメージをあきらめないこと

予算重視される方もいらっしゃれば、インテリアの質を重視される方もいる。望むものって人それぞれ違ってると思いますので、「自分はこれがしたい」、「これは譲れない」というのを明確に持っていると理想のリフォームに近づくのかなと思います。

あと、色々と自分で情報収集するのが良いと思います。「自分の理想のイメージってどんなだろう?」「自分の思っているイメージができるのか?できないのか?」とかがわかるようになると思いますし、リフォーム業者さんの言っていることも理解できるようになります。なので自分の理想のイメージに近づけると思います。

あとは「できない」と言われてもあきらめないことですかね。(笑)
「せっかくやるんだったら良い部屋作りたい」という想いは大事だと思います。

サン・ウインドさんは、ホームページを見て窓屋さんというイメージがあったんですが、実際はそうではなく、

今までいろんなリフォームをされてきた中での経験・知識が、情報量が全然違うということ。いろんな質問にその場で即答されますし、いろんな情報が聞けたり、見せてもらったりしました。

自分の理想のイメージの話をとても親身になって聞いていただけます。良き相談相手です。

6畳の和室→洋室リフォーム ビフォー

和室→洋室リフォーム 施工前
和室→洋室リフォーム 施工前

和室→洋室リフォーム 施工前
和室→洋室リフォーム 施工前

和室→洋室リフォーム 施工前
和室→洋室リフォーム 施工前

↓

6畳の和室→洋室リフォーム 施行中

和室→洋室リフォーム 施工中
和室→洋室リフォーム 施工中

和室→洋室リフォーム 施工中
和室→洋室リフォーム 施工中

和室→洋室リフォーム 施工中
和室→洋室リフォーム 施工中

和室→洋室リフォーム 施工中
和室→洋室リフォーム 施工中

和室→洋室リフォーム 施工中
和室→洋室リフォーム 施工中

和室→洋室リフォーム 施工中
和室→洋室リフォーム 施工中

↓

6畳の和室→洋室リフォーム アフター

和室→洋室リフォーム 施工後
和室→洋室リフォーム 施工後

和室→洋室リフォーム 施工後
和室→洋室リフォーム 施工後

和室→洋室リフォーム 施工後
和室→洋室リフォーム 施工後

和室→洋室リフォーム 施工後
和室→洋室リフォーム 施工後

和室→洋室リフォーム 施工後
和室→洋室リフォーム 施工後

和室→洋室リフォーム 施工後
和室→洋室リフォーム 施工後

和室→洋室リフォーム 施工後
和室→洋室リフォーム 施工後

和室→洋室リフォーム 施工後
和室→洋室リフォーム 施工後

内窓設置(室内防音建具として)アフター


室内防音引き戸(内窓プラスト)の防音効果

室内防音引き戸(内窓プラスト)設置 施工後
室内防音引き戸(内窓プラスト)設置 施工後

室内防音引き戸(内窓プラスト)設置 施工後
室内防音引き戸(内窓プラスト)設置 施工後

室内防音引き戸(内窓プラスト)設置 施工後
室内防音引き戸(内窓プラスト)設置 施工後

室内防音引き戸(内窓プラスト)設置 施工後
室内防音引き戸(内窓プラスト)設置 施工後

内窓設置(外窓) アフター


内窓インプラスの防音効果

内窓インプラス設置 施工後
内窓インプラス設置 施工後

リフォーム金額
和室→洋室リフォーム(室内建具含む :LIXIL ファミリーライン) ¥725,837
内窓設置(室内防音建具:大信工業 プラスト) ¥131,200
内窓設置(外窓:LIXIL インプラス) ¥180,000

合計 ¥1,037,037

※ 上記の価格は商品代金・施工費込みの金額です。

お家のトータルリフォームのご相談・お問い合わせはこちら

室内防音ドア&室内防音引戸の導入事例 滋賀県草津市 M様邸

【設置箇所】

寝室、リビングと寝室と廊下の間

【室内防音ドア】

室内防音ドア 施工後
室内防音ドア 施工後

室内防音ドア 施工後
室内防音ドア 施工後

施工前(襖)
施工前(襖)

室内防音ドアのサイズ&価格:W810 H2001 198,000円【施工費込・税込金額】

【室内防音引き戸】

室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工後
室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工後

室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工後
室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工後

室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工後
室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工後

室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工後室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工後

施工前
施工前

室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工中
室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工中

室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工中
室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工中

室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工中
室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工中

室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工中
室内防音引き戸(内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材)施工中

室内防音引き戸のサイズ&価格:内窓プラスト+防音合わせガラス12mm+面材 W1720 H2000 244,000円【施工費込・税込金額】

>> その他の室内防音ドアの導入事例はこちら

このページのトップに戻る

室内防音ドアのお問い合わせ

お電話のお問い合わせは
受付時間 9:00〜17:00(月〜金)
フリーコール 0800-080-1400

FAXでのお問い合わせは
受付時間 365日 24時間いつでもOK

0774-51-5195

「サン・ウインドのホームページを見た」と言っていただけるとスムーズです。

室内防音ドアのお問い合わせフォームはこちら

△ このページのトップに戻る

△ ホームに戻る

サン・ウインドのお問い合わせ
新築や住宅改修の補助金制度について
TV・新聞メディア紹介
お客さま防音相談室 LINEグループ おとのほんね

サービスメニュー

サービスについて

会社情報