厚硬質防音フェルトボードの導入事例 京都府宇治市 M様邸

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て 2F防音ルーム

【取り付け商品・工事価格】

9mm厚硬質防音フェルトボード

防音フェルトボード解説
防音フェルトボード解説
施工前
施工前
↓
硬質防音フェルトボード施工後
硬質防音フェルトボード 施工後
施工前
施工前
↓
硬質防音フェルトボード施工後
硬質防音フェルトボード 施工後
施工風景
施工風景

9mm厚硬質防音フェルトボード

W3780㎜×H2305㎜(W400㎜×H400㎜×60枚)
¥170,000

※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

【工事依頼の動機&お客様のご要望】

隣のお部屋がご主人様の書斎になるので、少しでもピアノ、バイオリンの音を軽減したいので壁の防音対策もしたい。

【弊社からの提案意図】

他社に依頼してリフォームをされたときに、壁の防音対策をされていましたが、「さらに防音性能をあげたい」ということで、吸音ボードを提案しました。

【お客様の感想】

「以前よりも、施工後の方が、音が軽減され、見た目も凄くキレイになった。」とおっしゃっていました。

工事も一日で終わって、大変喜んでおられました。

「他の窓も検討中ですので、また改めて相談をさせていただきます。」
とのことです。

【お問い合わせから工事・入金まで】

7/1 電話で問合せいただいた後、来店
7/2 現地調査
7/11 見積書提出
7/18 ご注文
7/24 契約書送付&商品発注
9/11 工事・ご入金

内窓プラストの導入事例 京都府宇治市 M様邸

内窓インプラス開き窓+防音合わせガラスの導入事例 京都府宇治市 M様邸

内窓プラストの導入事例 京都府宇治市 M様邸

内窓プラスト+内窓プラマードUの三重窓ピアノ防音

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て 2F防音ルーム

【取り付け商品・工事価格】

大信工業内窓プラスト&防音合せガラス12.8mm

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

掃き出し窓

施工前(既存サッシ+YKKプラマードU)
施工前(既存サッシ+YKKプラマードU)
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス施工後-1
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1330㎜×H1803㎜ ¥163,600

※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

【工事依頼の動機&お客様のご要望】

バイオリン、ピアノの防音対策の事例です。

奥様がバイオリン、ピアノの演奏を楽しみたいとのことで、

10年前に防音対策のため、YKKの内窓プラマードU単板仕様の二重窓を他社で設置されましたが、

「それでも音漏れが気になる。」
「より防音性能が高いものにしたい!」

というご要望で弊社にご相談いただきました。

【弊社からの提案意図】

既存窓にYKKプラマードUの内窓が設置されており、元々二重窓の状態でしたが、

窓の内側の見込み(窓枠の奥行き)が充分にあり、もう一枚内窓を設置可能なスペースがありました。

既存サッシ&既存内窓
既存サッシ&既存内窓
既存サッシ&既存内窓&見込み
既存サッシ&既存内窓&見込み

そこで、YKKプラマードUを撤去して内窓プラストに交換するのではなく、そのまま利用した方がより防音性を高められると判断いたしました。

既存サッシとYKKプラマードUに加えて、さらに窓の内側に気密性の高い内窓プラスト&防音合わせガラス12.8mmを設置して、窓の三重化工事を提案いたしました。

既存サッシ、内窓YKKプラマードU、内窓プラストで窓の三重化
既存サッシ、内窓YKKプラマードU、内窓プラストで窓の三重化

【お客様の感想】

どの窓も以前の内窓よりも音漏れは大分軽減され、喜んでおります。
他の窓も検討中ですので、また改めて相談をさせて頂きます。

【お問い合わせから工事・入金まで】

7/1 電話で問合せいただいた後、来店
7/2 現地調査
7/11 見積書提出
7/18 ご注文
7/24 契約書送付&商品発注
9/11 工事・ご入金

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

内窓まどまどplusの導入事例 京都府宇治市 M様邸

内窓インプラス開き窓+防音合わせガラスの導入事例 京都府宇治市 M様邸

厚硬質防音フェルトボードの導入事例 京都府宇治市 M様邸

室内防音ドアリフォームの導入事例 滋賀県栗東市 A様邸

室内防音ドア(二重)の防音効果

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て 洋室(スタジオ)

【取り付け商品・工事価格】

室内防音ドア
<オプション、別途費用>
・取付枠
・ランマ部ガラス(防音合わせガラス ソノグラス)

施工前
施工前
↓
室内防音ドア 施工後(クローズ)
室内防音ドア 施工後(クローズ)
室内防音ドア 施工後(オープン)
室内防音ドア 施工後(オープン)

室内防音ドア寸法:W782㎜×H2020㎜
ランマ部ガラス寸法:W772㎜×H430㎜
¥185,500

※ランマ部ガラスはオプション、別途費用です。
※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

【工事依頼の動機&お客様のご要望】

洋室に内窓プラスト&室内防音ドアを設置し、防音室としてご利用のお客様の再度のご依頼です。

前回の内窓プラスト&室内防音ドアの事例はこちら

「室内防音ドア一枚でも充分な効果は出ているので、防音ドアを二重にしてみたらより効果が出るのでは?試してみたい!!」とおっしゃっていただきました。

【弊社からの提案意図】

「音は振動によって伝わります。

そのため、隙間の少ない気密性の高い室内防音ドアを二重化することで、ドアとドアの間に空気の層ができ、

そのスペースが音のクッションとなりより高い防音性能が望めると思います。」

と、お話させていただきました。

【お客様の感想】

室内防音ドアを二重化して、メンバーさん同士で室内防音ドア一枚のときと、二重のときの効果の違いを試されていらっしゃいました。

メンバーのみなさま、「凄い!二重化したら予想よりも効果が出た!これは、やって良かったー!!ほんまにやって良かった!!」と非常に感動されておりました。

【お問い合わせから工事・入金まで】

5/11 お問い合わせ 現調
5/22 見積書提出
5/30 契約書発送
6/29 工事・ご入金

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

内窓プラスト&室内防音ドアの導入事例 滋賀県 栗東市 A様邸

内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て 洋室(スタジオ)

【取り付け商品・工事価格】

大信工業内窓プラスト&防音合せガラス12.8mm×3窓
室内防音ドア

腰窓

施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1806㎜×H1100㎜ ¥161,200

掃出し窓

施工前
施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1805㎜×H2003㎜ ¥229.900

掃出し窓

施工前
施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1807㎜×H2003㎜ ¥229.900

※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

室内防音ドア

施工前の室内ドア
施工前の室内ドア
↓
室内防音ドア施工後
室内防音ドア施工後

W731mm×H2008mm ¥185,500

※上記は商品代金+標準施工費(税別)です。
※お客様宅の窓の状態や形状によっては別途施工費が掛かる場合もございます。

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで

【工事依頼の動機&お客様のご要望】

12畳の洋室で、ドラム、ピアノ、トランペット、ギター等のジャズバンドの演奏を、メンバーのみなさんで集まって練習する際に、

隣室のリビングに音が漏れ、テレビの音などが聴こえなくなり、生活に支障がでていたそうです。

また、「ご近所への音漏れも心配」とのことでした。

そこで、

「部屋の内外に漏れる音をできるだけ遮音するための防音対策をしたい!」

「かなりの音量になると思うので、防音性能の高い商品を採用したい!」

とのご要望をいただきました。

【弊社からの提案意図】

今回の案件では、

  • トランペット・サックスの管楽器
  • アンプを通したギターの音
  • 中低音が響くドラム
  • 音域の高いピアノ

これらの楽器演奏音の防音対策が必要でした。

まず、ご近所への音漏れ対策としては、内窓と防音合わせガラスの組み合わせの防音対策となります。

隙間を抑えるために気密性の高い内窓を採用し、既存サッシとの隙間(空気層)を大きく取ることで内窓の防音効果が高められます。

中低音を抑えるには、重量のある、厚みの分厚いガラスが効果的です。

そこで、今回は、気密性の高い内窓プラストと、中低音にも高音域にも、遮音効果の高い、12.8㎜の防音合わせガラスの最強の組み合わせで提案いたしました。

この12.8㎜の防音合わせガラスを装着できるのは、大信工業のプラストのみです。

次に、リビングへの音漏れの対策ですが、既存ドアを室内防音ドアに取り替える防音対策となります。

普通のドアでは隙間があり、わずかな隙間からでも音は伝わってきますので、

一般の室内ドアと室内防音ドアの比較
一般の室内ドアと室内防音ドアの比較

以下の機能を有する室内防音ドアを提案いたしました。

  1. ドアを閉めた際に隙間ができない
  2. ドア自体の防音効果が高い

室内防音ドアの防音効果の秘密はこちら

【お客様の感想】

内窓プラスト、室内防音ドアを取り付けた後、

「思った以上に音が漏れていない!」

「無音で無いが、通常の生活には全く支障が無くなったのは凄い!」

更に、「工事前には聴き取りにくかった小さな音も、工事後はハッキリ聴こえて練習がしやすくなった!」

メンバーさん同士で、ピアノ、ドラム、トランペット、ギター等のさまざまな音域の楽器で、効果を試されていました。

【お客様アンケート】

【お問い合わせから工事・入金まで】

1/26 お問い合わせ
2/3 現地調査
2/6 見積書提出
2/13 契約書送付
2/22 商品発注
4/6 工事
4/16 ご入金

防音内窓プラスト工事のご相談はサン・ウインドまで

室内防音ドアリフォームのご相談はサン・ウインドまで